土日祝日のようなカレンダー通りの休日を希望している人も多いでしょう。業種別で見てみると、このような休みのとりやすい業界がいくつかありますのでここで紹介します。

土日休みの代表的な業種・業界とは?

転職するにあたって、土日祝日休みのところがいいと思っている人も多いでしょう。

カレンダー通りの休みを取ることで、家族や友人とどこかに出かける・旅行をする場合でもスケジュールの調整がしやすいからです。

土日祝日の休みの業種・業界を見てみると、特徴があります。具体的に土日祝日休みの多い業種・業界は以下のようになります。

  • 公務員
  • 経理などの事務系のデスクワーク
  • 銀行
  • 郵便局
  • 広告業
  • 出版業
  • 製造業(一部)
  • IT企業(一部)

といった感じです。

ただしすべての業界で毎週土日が休みになるとは限りません。中には休日出勤を時折求められるようなものもあります。

特にIT企業で、プログラマーやシステムエンジニアのような仕事をしていると求人には土日祝日休みでも、納期近くになると連日出勤してこないといけないようなケースも考えられます。

このような休日出勤については、面接試験や入職に際しての条件交渉の場でそれとなく確認しておきたいところです。

BtoBの業種・業界で土日祝日休みが多い

土日祝日休みの業種を見てみると、簡単に言えばBtoBの企業の多いことがわかります。

企業を相手にした仕事の場合、取引先が土日祝日休みで動いているところが多いです。

ビジネス相手が仕事をしていないのであれば、こちらも動きようがありません。

このため、自分のところも土日祝日休みになることが多いです。またモノづくりの仕事に関しても、土日祝日休みと設定している傾向が見られます。

接客業で土日祝日休みは難しい

では逆に土日祝日休みの難しい業界はどのようなところでしょうか?土日祝日休みの厳しい業界は以下のような感じです。

  • アパレル
  • 飲食店
  • ウェディング業界
  • 小売業
  • 旅行業界
  • 美容師
  • エステ
  • 医療業界

基本的に接客業の場合、土日祝日休みは難しいと思ったほうがいいです。

多くの人が土日祝日休みを取りますので、この時を利用してショッピングやレジャーに繰り出す傾向があります。

つまり接客業としてみれば、土日祝日はお客さんが多くかき入れ時といえます。

できるだけ多くのスタッフを集める必要があるので、土日や祝日も仕事で出てくるように求められるでしょう。

また医療や介護の世界も、土日祝日休みは難しいかもしれません。

患者の体調の急変は曜日を問いません。特に入院病棟などのある施設の場合、24時間常に患者などのケアをしなければなりません。

ですからローテーションで仕事をしていくので、毎週土日休みをとるのが難しいです。

ページの先頭へ