高齢化の進んでいる現在、介護業界の人材需要は高い状態で推移しています。しかし介護の仕事を担当した場合、土日休みで働くのは厳しいかもしれません。

介護でも探せば土日休みの案件もある

ただし介護施設はすべて入所施設ではないです。デイケアのような通所施設もあります。通所施設の場合、土日休みとしているところも結構多いです。

デイケア

デイケアは朝に利用者を受け入れ、必要に応じて介助を行います。また利用者が喜ぶようなレクリエーションの企画・運営を担当します。そして夕方になると家族などが迎えに来るので、帰宅してもらいます。

訪問介護ステーション

訪問介護といって、自宅療養している高齢者に必要な介護、生活支援を行う仕事も土日休みであることが多いです。

訪問介護ステーションも土日は営業しないというスタイルを取るのが一般的だからです。

もし介護の仕事は続けたいけれども土日休みの仕事に転職したいと思っているのであれば、デイケアのような通所施設もしくは訪問介護の仕事を探してみるといいでしょう。

ただし訪問介護の場合、自動車で利用者の自宅を移動することが多いので、免許証が必須になる案件も多いので注意しましょう。

介護から他の土日休みの仕事へ転職するには

介護人材の不足はこれからも続きます。

年を取ってからでも出来る仕事なので若いうちは介護の仕事につかなくていいじゃない、他の仕事にもチャレンジしたいと思う方もいらっしゃいます。

いまは介護職だけど暫く他の土日休みの仕事もしたい場合におすすめな仕事はやはりオフィスワークです。

企業の事務職なら土日休みが多いです。ただし正社員採用となると相応のPCスキルも必要となります。派遣の仕事で総務や営業事務で探してみることからスタートしてはいかがでしょう。

介護と近い医療の世界なら歯科医は日曜休みな所もあります。パートからスタートして受付や歯科衛生士も狙い目です。

介護の世界で土日休みは難しい

高齢化が進んでいることで、介護の仕事の需要が高い状態で推移しています。当面この状態が続くとみられています。日本全国的に介護の求人は活発に出ています。

しかし介護の仕事で注意しなければならないのは、土日休みを取るのが難しい点です。特に特別介護老人ホームやグループホームのような入所施設の場合、土日毎週休みはまず難しいでしょう。

入所施設の場合、24時間・年中無休で入所者の管理をしなければなりません。介護施設は病院ではないので一刻を争うようなことはあまり多くないものの、高齢者のためいつ容体が急変する、体調に異変をきたすか予想できません。

このような不測の事態に迅速に対応するために、ローテーションで職員が常駐する体制を整える必要があります。

ページの先頭へ