接客業やサービス業、販売業の場合、通常土日休みを取るのは難しいです。しかし細かく求人情報を見ていくと、土日休みで仕事のできる案件も見られます。

本部勤務ならサービス業、接客業、販売業でも土日休み

比較的大きな企業になるとサービス、接客、販売業でも各地域のエリアを統括する部門や企業の中枢を担う本部があります。

末端のスタッフは土日勤務が普通ですが本部の役職付きや、営業企画、経営企画はオフィスワークとなるため土日休みの会社もあります。

サービス、接客、販売を主とする会社でもオフィスワークの求人を探せば土日休みになる可能性が高いです。

サービス業、接客業、販売業でもエリアで選べば土日休みに

接客業やサービス業、販売業で土日休みの案件がないかというと決してそうではありません。

数は少ないですが、求人サイトを見れば土日完全週休2日制をとっているものもあります。土日休みの接客業は業種というよりもエリアによって決まるといえます。

具体的には、都市部・オフィス街を構成しているような地域です。東京でいうと、大手町や丸の内のような場所にあるお店は土日休みというところがけっこうあります。

大手町や丸の内の場合、オフィス街で平日は日中サラリーマンやOLが街中を数多く行き交っています。しかし土日になると会社がほとんど休みとなるので、人通りもあまりありません。人が来ないので営業しても無駄です。

このため、飲食店や携帯ショップは休みであることが多いです。またオフィスビルの中に入っているレストランや居酒屋なども土日休みになることも少なくありません。

個人経営している飲食店は土日休みの可能性もありますが、チェーン店の場合オフィス街にある店舗でも土日休みは難しいでしょう。

エステサロンであれば日曜休みの店舗も

土日休みとはいえないまでも、エステサロンは日曜日だけなら毎週休みという店舗も結構あります。

エステティシャンとして、各種施術の担当やカウンセリングで施術内容について説明する仕事を担当します。

都市部のエステサロンであれば、休日お客さんがあまり訪れないので休みとしているところも多いです。

ただしこのような店舗の場合、仕事帰りのOLが立ち寄って施術を受けることも想定して、結構夜遅くまで営業しているところもあります。

夜10時や11時まで営業しているお店もあります。このような日曜日休みのお店の場合、平日の仕事は夜遅くまでになる可能性もありますので注意しましょう。

サービス業、接客業、販売業は土日休みが難しい理由

サービス業や販売業のような接客業をする場合、覚悟しておかないといけないのは土日祝日休みのようなカレンダー通りの休日を取るのは難しい点です。

サービス業や販売業のような接客業は、お客さんが来てなんぼの世界です。土日は大半の会社が休日を取ります。

このため、平日と比較すると商業施設にレジャーで訪れる人が増えます。つまり店舗にとっては土日かき入れ時です。

販売スタッフを増強して、より多く訪れるお客さんに対応できるような態勢を整えたいはずです。ですから接客業を希望するのであれば、土日休みを毎週実現するのは厳しいと思ったほうがいいです。

ページの先頭へ