土日休みの仕事を希望している人も多いでしょう。土日休みの仕事の中には専門性の高い職種もあって、この場合資格を取得していると就職しやすくなります。

土日休みなら簿記の資格はおすすめ

土日休みの仕事を希望しているけれども、そのために有利になる資格を探しているのであれば、オフィスワークに関係する資格を取得するといいでしょう。

会社は基本的に土日休みなので、サラリーマンやOLになれれば、カレンダー通りの休みになる可能性は高いからです。

そのためにおすすめの資格として、簿記があります。どの業種でも経理や会計の人材は必要です。その専門的な知識・スキルを持っていることの証明できる簿記の資格は、就職活動するにあたって有利に働きます。

ただし2級以上の資格を持っていないと、採用ではなかなか評価されません

簿記2級で20~30%・1級で10%前後の合格率なので、決して簡単に取得できる資格ではないです。

MOSの資格取得も

オフィスワークは土日休みが多いですが、求人を見ると営業事務の案件もしばしば掲載されています。

営業事務は営業マンのサポートをする事務で、営業マンが使用する資料の作成や得意先からの電話応対などを担当します。女性が多い職でもあります。

営業事務として活動するにあたって、MOSは有効な武器になりえます。

MOSとは「マイクロソフトオフィススペシャリスト」の略称です。

パソコン操作のスキルを持っていることの証明になります。資料の作成などはパソコンワークになりますので、スムーズに作業できることの証明となるので有利です。

グローバル化に有利な語学系の資格

どの業種でもグローバル化がどんどん進んでいます。そこで語学のスキルを証明できるような資格になると、就職に有利になります。

その中でもTOEICやTOEFL、英検の試験を受けておくといいでしょう。

大企業から中小企業まで、語学力のある人材を求める傾向がありますので、オフィスワークを希望するのならこれからの時代必要な資格といえます。

TOEICで言えば若手ならスコア600から認められる傾向があります。

ページの先頭へ