転職するにあたって、いろいろと希望があるでしょう。その中でも土日休みの仕事を希望する人も多いはずです。職種別で見ていくと、いくつか代表的な職種がありますので紹介します。

公務員は土日休みが多い

土日休みの仕事の中でも多くの人がイメージするのは、公務員ではないでしょうか?役所は土日休みとしているところがほとんどなので、おのずとそこで働く人も休みになります。

役所の募集を見てみると、土日完全週休2日制を導入しているところが多いです。公務員の場合、組合が強いので毎週土日休みとしているところが多いです。ただし注意したいのは、すべての公務員が土日休みとは限らない点です。

例えば役所などの主催するイベント・ボランティアが週末に行われることもあります。また公務員とはいっても、消防署や警察の場合、交代で勤務しますので土日休みとは限りません。

社内で完結する職種は土日休みの可能性が高い

オフィスワーク

土日休みの職種で多いのが、事務や経理などのオフィスワークや研究職などが挙げられます。

いずれも共通しているのは、社内で仕事が完結している点です。企業の中には土日休みとしているところが多いです。そのような関係もあって、オフィスワークや研究職であれば土日毎週休みを取れる可能性は高いです。

営業職

どの業界でも営業職の募集を出しています。営業の場合、取引先がどこにあるかによって若干事情は変わってきます。

もし外回り先が企業であれば、土日休みの可能性は高いです。先ほども紹介したように、企業は一般的に土日休みとしているところが多いです。取引先が休みなので、営業活動のしようがないです。おのずと営業マンも土日休みになります。

ところがもし個人のお客さんを相手にした営業職の場合、土日に休みは逆に取りにくいかもしれません。

お得意のお客さんの都合に合わせますので、土日や夜遅くに呼び出されることもあるかもしれません。

金融業や商社の営業職の求人を見てみると、土日完全週休2日制と明記している案件が多いです。

大企業の方がより確実

事務や研究、企業相手の営業職は土日休みとしているところが多いです。しかしより確実に毎週末休みを確保したければ、中小企業よりも大企業の求人にターゲットを絞った方がいいです。

中小企業の場合、人手不足のこともあるので休日オフィスに出てきて仕事をするように求められることもあります。

大企業の場合、労働監督署の目が光っています。このため、下手に休日出勤を社員に求めると、営業停止処分をはじめとした何らかのペナルティを課される可能性も否定できません。

大企業に対する罰則強化することで、一種の見せしめにすることもありますので大企業は毎週末休みとしている傾向が見られます。

ページの先頭へ